|

デル、企業向けタブレットPC「Dell Latitude™ XT2」を発表

企業向けでは業界で初めて「マルチタッチスクリーン」を標準搭載

2009年2月10日

デル株式会社(本社:川崎市幸区、代表取締役社長:ジム・メリット)は本日、企業向けB5サイズタブレットPC「Dell Latitude™ XT2」を発表、本日から販売を開始します。

新製品:「Dell LatitudeTM  XT2」
(製品画像データはこちら:オンライン・プレスルーム www.dell.com/jp/press/
価格:252,000円~(税込・配送料別)
販売開始日:2009年2月10日(火)から
お客様からのお問い合わせ先:044-556-6190/オンライン・ストア:www.dell.com/jp

「Dell LatitudeTM  XT2」は「Dell LatitudeTM  XT」の後継機種であり、企業向けタブレットPCとしては業界で初めてマルチタッチスクリーンを標準搭載しました。マルチタッチスクリーンの採用により、キーボードやスタイラスペンによる入力だけでなく、指先の自然な動きによる直感的な操作が可能です。「Dell Latitude™ XT2」で採用したマルチタッチスクリーンは、スクリーン上で指先を動かすだけで、スクロール、拡大・縮小などが簡単に実行でき、スタイラスペンと指の同時使用も可能です。 また、タッチパッドとトラックスティックの他、タブレット時に便利な5つのボタン/キー(バックボタン/タブレットスクロールホイール/Windows CTRLボタン/スクリーンローテーションボタン/ツールボタン)を装備し、多彩な操作が可能です。これにより、キーボード操作が困難な環境下での作業効率が向上します。
 
デルでは、マルチタッチスクリーンとタブレットの特性を活かし、学校や塾での授業や病院での電子カルテ入力、現場での入力が必要な工場での生産管理や機器の整備、中小規模企業の在庫管理などに活用いただけると考えています。また、お客様先での署名をデジタル化している不動産や物流企業、対面での説明や販売が重要な製薬・保険・化粧品などの分野でも有効にご活用いただけます。
 
また、インテル®  CoreTM 2 Duo超低電圧版プロセッサーを搭載して消費電力を抑え、最大で11時間以上のバッテリ駆動時間*1を実現しました。DASH 1.0に準拠したIntel®  vProTM  テクノロジーの高度なリモート管理機能によりPC管理にかかる時間を削減します。

< Dell LatitudeTM  XT2 の特長>
  • 最新のマルチタッチスクリーンにより、指先の動きで、スクロール、拡大・縮小など可能。また、スタイラスペンと指の同時使用も可能。
  • インテル®  CoreTM 2 Duo超低電圧版プロセッサー搭載により、最大で11時間以上のバッテリ駆動時間*1を実現
  • 外出時などのために、太陽光の下での使用を考慮して設計された輝度約400 nitの12.1インチWXGA(1280×800)デイライトビューイングディスプレイが選択可能
  • 超小型の電源装置の採用により、25.4mmの薄さを実現
  • 長時間の使用を可能にする大容量バッテリスライスや、光学ドライブを搭載したドッキングステーションが利用可能
  • Dell ControlPoint Security Managerにより、包括的なセキュリティ機能を提供
  • DDR3 RAMにより最大で5GM RAMまで搭載可能
    *1: 6セルバッテリと9セル大容量バッテリセルスライス使用時。実際の駆動時間は機器構成、動作環境およびその他の要因によって異なる。

※ 本プレスリリースは「オンライン・プレスルーム」でもご覧いただけます。
URL: www.dell.com/jp/press/

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

RSS feed   Add to Google   Add to My Yahoo!   Add to Bloglines   Add to Newsgator
About RSS

デルロゴは、米国Dell Inc.の商標または登録商標です。

その他、記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の登録商標または商標です。


snWW08