|

Dell Inc. 会社概要

Dell Inc. 会社概要

会社概要
沿革
売上高・純利益推移
株主への還元
企業ランキング
グローバルなビジネス展開

沿革

沿革
1984年5月
  • 1,000ドルを投資して、マイケル・デルがデルコンピュータ・コーポレーションを米国テキサス州オースティンに設立
1985年7月
  • インテル製の8088CPUを搭載した自社製品「ターボ」を発表
1986年3月
  • 年商3,400万ドルを売り上げる
12月
  • 従業員数が300人を突破
1987年6月
  • イギリスに初の海外現地法人を開設(以降、各国に展開)
9月
  • 全米カスタマー・サポート・センターを開設。
1988年3月
  • 1988会計年度において対前年比128%増の1億5,900万ドルを達成
  • 全米学生企業家協会からマイケル・デルが「Young Entrepreneur of the Year」に選ばれる
5月
  • 従業員数が650人を突破
6月
  • 株式をNASDAQに上場
1989年1月
  • 製造部門が126,000ft2の新工場に移転
9月
  • 全世界で従業員数が1,600人に
1990年1月
  • マイケル・デルが「EOY (Entrepreneur of the Year)」から「1989年アントレプレナー(起業家)・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる
3月
  • 1990会計年度の売上において、対前年比51%増の3億8,860万ドルを達成
12月
  • 初めての海外製造拠点となる「ヨーロピアン・マニュファクチャリング・ファシリティ(EMF)」をアイルランド・リムリックに開設
1991年3月
  • 1991会計年度において対前年比41%増の5億4,600万ドルを達成
5月
  • J.D.パワーによる「パソコンユーザー満足度調査」でトップランキングを獲得
10月
  • 業界ではじめてソフトウェアの「無料プレインストール・サービス」を標準オプションで提供
1992年3月
  • 1992会計年度において対前年比63%増の8億8,990万ドルを達成
  • VGAカラーディスプレイを標準装備した業界初のノートブックパソコン、「System 325NC」を発表
4月
  • デルコンピュータが、米「フォーチュン」誌の全米トップ500企業に選ばれる
6月
  • 中級以上の個人ユーザー向けデスクトップ「Dimension」シリーズを発表
  • 全世界の従業員数が3,800人を突破
1993年1月
  • 日本の現地法人が販売業務を開始
2月
  • 雑誌「ファイナンシャル・ワールド」が選ぶ「1993年CEOオブ・ザ・イヤー」にマイケル・デルが選ばれる
3月
  • 1992年度(92年2月~93年1月)において対前年比126%増の20億1,400万ドルを達成
8月
  • 1993年度第2四半期(93年5月~7月)において、7億100万ドルを売り上げるも一株あたりの収益で2.02ドルの損失を計上。1988年に株式を公開して以来初の損失を記録。
9月
  • アイルランドのブレイにインターナショナル・テレホンセンターを開設、パソコンメーカーとしては初めての試みとなるマルチリンガル(複数言語)サポートを開始
  • テクニカルサポートを24時間365日体制で開始
1994年2月
  • 1993年度(1993年2月~1994年1月)において対前年比43%増の28億7,300万ドルを記録、同年度第2四半期の赤字がひびき通年でも初の赤字計上
5月
  • モートン・トップファーが副会長に就任
8月
  • リチウムイオン・バッテリを搭載した業界初のハイエンド・ノートブック「Latitude XP」シリーズを発売
11月
  • 「PCラップトップ」誌が、マイケル・デルを「ポータブル・パイオニア・オブ・ザ・イヤー」に選定
1995年2月
  • 1994年度(1994年2月~1995年1月)の総売上高が対前年比では21%増となる34億7,500万ドルに達する
4月
  • 全世界で従業員数が7,200人に
6月
  • 初のPentium搭載ノートブック、「Latitude Xpi」を発表
8月
  • マレーシアにアジアのマーケティングと顧客サポートを集約した「アジア・パシフィック・カスタマー・センター(APCC)」を設立。
1996年2月
  • 1995年度(1995年2月~1996年1月)の総売上高が対前年比52%増の52億9,600万ドル、純利益2億7,200万ドルを達成
6月
  • 連邦政府に対する販売台数でデルコンピュータが1位に
7月
  • 米国法人デスクトップ市場でデルコンピュータがIBM, HPを抜いて出荷台数1位に
  • インターネットによるオンライン直販「デルストア」を開設
8月
  • 「IndustryWeek」誌がデルコンピュータを「最も経営の優れた世界の100社」に選定
9月
  • デルコンピュータが「S&P500」入り(スタンダード・アンド・プアーズ社の500種株価指標の対象となる500社リスト)
11月
  • 「OptiPlex」シリーズの筐体をリサイクル可能な筐体に
  • 従業員数が世界で10,000人に
1997年1月
  • 米大手調査会社による株主還元率に基づく1996年度「高いインパクトのある会長兼最高責任者」10名中マイケル・デル会長が1位に
  • 「BusinessWeek」誌がマイケル・デルを「Top25 Managers of the Year」に選出
2月
  • 1996年度(1996年2月~1997年1月)の総売上高、対前年比47%増の77億5,900万ドル、総純利益5億1,800万ドル
3月
  • インターネットによる売上が1日100万ドルを突破
  • 「BusinessWeek」誌が財務内容を重視した新・米企業50社番付「BusinessWeek50」を発表、デルコンピュータが3位にランクイン
5月
  • 累積1,000万台の出荷を達成
6月
  • インターネットによる売上が1日200万ドルを突破
  • オースティンの新工場「Metric12」が本格稼動、「セル・マニュファクチャリング」、「ジャスト・イン・タイム・デリバリー」などのシステムを強化
7月
  • 「Workstation 400」を発売、ワークステーション市場にも直販モデルを適用
8月
  • 「IndustryWeek」誌が2年連続でデルコンピュータを「最も経営の優れた世界の100社」に選定
9月
  • 個人・SOHO向けの新ノートブックブランド「Inspiron」シリーズを発表
10月
  • 高性能サーバシリーズPowerEdgeにおいて業界に先がけてMSCS(Microsoft Server Cluster)に対応
11月
  • 企業向けの新しいノートブック製品「Latitude CP」シリーズを発売
  • 2000年問題への対応を万全にする「Year 2000 Readiness Program」を発表
  • COMDEX/Fallにおいて「Dimension XPS D300」がPC Computing誌による“Product of the Year”および“Most Valuable Product”賞を受賞
1998年1月
  • 米国州政府向けのサービス・サポートでワング社と戦略的なパートナーシップを締結
2月
  • ケビン・ロリンズが副会長に就任
  • 1997年度(1997年2月~1998年1月)の業績を発表、売上は対前年比59%増の123億2,700万ドル、純利益は82%増の9億4,400万ドルを記録
  • 中国に生産工場を建設する計画を発表
4月
  • 大・中規模企業向けの専用ホームページ「プレミアページ」のサービスを小規模企業にも提供開始
  • Data General社と、ファイバーチャネル・ストレージにおける戦略的なパートナーシップを締結
6月
  • エンタープライズ製品「PowerVault」を発売、ストレージ市場に参入
8月
  • 中国市場での工場稼動およびダイレクト・ビジネスを開始
  • ブラジルに新生産拠点の開設計画を発表
11月
  • テキサス州オースティンにエンタープライズ製品の生産拠点の開設を発表
1999年1月
  • 世界のNTワークステーション市場でマーケットシェア(同率)1位に
2月
  • 1998年度(1998年2月~1999年1月)の業績を発表、売上は対前年比48%増の182億4,300万ドル、純利益は53%増の14億6,000万ドルを達成
3月
  • IBMと160億ドル規模(7年間)の技術提携を発表
4月
  • テネシー州ナッシュビルに新生産拠点の開設計画を発表
6月
  • 従業員500人以上の米企業市場で他社を大きく引き離しシェアNo.1の座を獲得
7月
  • インターネットによる「デル・オークション」を開始
8月
  • 米国テネシー州ナッシュビルに新生産拠点を開設
9月
  • IBMとサービス分野での提携を発表
10月
  • 米国の教育市場向けのPC出荷台数で前期に引き続きトップシェアを獲得
11月
  • 世界のPCサーバ市場でシェア第2位に躍進
12月
  • 前副会長のモートン・トップファーおよび米国上院議員であるサム・ナンが取締役として新たに就任
2000年2月
  • 1999年度(1999年2月~2000年1月)の業績を発表、売上は対前年比38%増の252億6,500万ドル、純利益は18億6,000万ドルを記録
3月
  • 世界の大・中規模企業向けノートブックおよびデスクトップ市場でトップシェアを獲得
8月
  • 世界のワークステーション市場において出荷台数で初のトップに
  • 高性能サーバ製品「PowerEdge」シリーズが販売開始3年目で出荷台数累計100万台を達成
9月
  • 東芝と現在および将来の新しいマーケットに向けた先進的な技術の製品化のための、広範囲な戦略的提携を発表
  • SOHO・個人ユーザー向けデスクトップPC「Dimension」で出荷台数累計1,000万台を達成
10月
  • マイクロソフトとネットワーク・ストレージ製品の開発で提携
2001年1月
  • 米ユニシスと製品のOEM提供やサービス&サポート体制を拡充する戦略的なグローバル契約を締結
2月
  • 2000年度(2000年2月~2001年1月)の業績を発表、売上は対前年比26%増の319億ドル、純利益は24%増の23億ドルを達成
  • ケビン・ロリンズ副会長が社長兼COO(最高執行責任者)に就任
3月
  • サムスン電子と160億ドル規模の提携契約を締結
4月
  • 世界市場シェアで初のNo.1を獲得
5月
  • 第1四半期の米国サーバ市場でシェア第1位に
7月
  • ネットワーク・スイッチ製品「PowerConnect」ブランドの投入と米国市場への参入を表明
9月
  • 米国で「PowerConnect」製品を発売
10月
  • EMCとエンタープライズ・ストレージ・ビジネスに関する数十億ドル規模の戦略的提携契約を締結
2002年2月
  • 2001年度(2001年2月~2002年1月)の業績を発表、売上は312億ドル、純利益は17億8,000万ドルを達成
5月
  • 米国でデル・ブランドのプロジェクター製品を発売
6月
  • 米オラクル、レッドハットとエンタープライズ・クラスのLinux提供で協業
9月
  • ニューヨーク州立大学バッファロー校に、2000ノードのIAサーバで構成したHPCCシステムを導入
10月
  • EMCとの戦略的提携1周年に合わせ世界規模の製造契約を締結
11月
  • 米国コンシューマー市場でNo.1を獲得
  • 米国でデル・ブランドのPDA製品「Axim X5」を発売
2003年2月
  • 2002年度(2002年2月~2003年1月)の業績を発表、売上は対前年比14%増の354億ドル、純利益は19%増の21億ドルを達成
  • Fortune誌の「America's Most Admired Companies(アメリカで最も尊敬される企業)」の第4位に選出
7月
  • Dell Inc.に社名を変更
9月
  • 米国市場でデジタル音楽プレイヤー、音楽ダウンロードサービス、多機能液晶テレビ/コンピュータ・モニタなどのコンシューマ・エレクトロニクス製品を投入
10月
  • 液晶テレビ、デジタル音楽プレイヤーを発売
11月
  • エンタープライズ・コマンドセンターを開設
2004年2月
  • 2003年度(2003年2月~2004年1月)の業績を発表、売上は対前年比17%増の414億ドル、純利益は25%増の26億ドルを達成
7月
  • ケビン・ロリンズがCEOに就任
11月
  • 米ノースカロライナ州に国内第三工場を建設すると発表
2005年2月
  • 2004年度(2004年2月~2005年1月)の業績を発表、売上は対前年比19%増の492億ドル、純利益は15%増の30億ドルを達成
10月
  • 米ノースカロライナ工場が稼動開始
2007年1月
  • 業界初のカーボンニュートラルなコンピュータを実現する環境保護プログラム「プラント・ア・ツリー・フォー・ミー」を発表。
2月
  • マイケル・デルが、デル社の最高経営責任者(CEO)に復帰し、会長職と兼務
  • 世界の生産・調達・サプライチェーンの全活動を統括するグローバル・オペレーション部門を新設
7月
  • 同社初となるスモールビジネスに特化した製品ブランド「Vostro」を発表
10月
  • グローバル戦略「Simplify IT(ITのシンプル化)」を発表
11月
  • iSCSI ストレージエリアネットワーク(SAN)の業界最大手イコールロジック社の買収を発表

snWW10|8.8.0.5