|

詳細RAIDコントローラ

▼ RAID 0
▼ RAID 1
▼ RAID 5
▼ RAID 10
▼ RAID 50

RAID 0

データストライピングとしても知られているRAID 0 は、3台以上のドライブに並列にデータを書き込みます。 RAID 0にはデータの冗長性がないので、データの損失を防ぐことはできません。 しかし、同時に複数のドライブにアクセスでき、大容量ファイルの全体的なシークタイムを最小化するので、 パフォーマンスを大幅に向上できます。単純な設計のRAID 0は簡単に実装できますが、 ビジネスクリティカルなアプリケーションへの適用には向いていません。

RAID 0


RAID 1

RAID 1はドライブのミラーリングのことで、データを同時に第2のドライブにコピーする機能を持ちます。 このミラーリングテクノロジは、データ保護性に優れ、ミラードライブの故障の際に高パフォーマンスを実現します。 RAID 1は、全RAIDの中でも最も単純な設計です。RAID 1には、同等の容量を持つドライブが2台必要です。 また、それらのドライブは、対にして追加しなければなりません。 ただしRAID 1には、ディスクオーバヘッドが100%(RAIDの全レベル中、最高)になるという短所があり、 そのためドライブ容量の使用効率が低下します。

RAID 1


RAID 5

RAID 5では、各データブロック全体をデータディスクに書き込み、 パリティ情報を全ドライブにストライピングします。RAID 5は、データ保護性があり、 パリティによるオーバーヘッドを低く抑えながら高パフォーマンスを実現できるので、 RAIDレベルの中で最も広く実装されています。RAID 5は、 すべての冗長RAIDレベルのうちで最もドライブ容量を効率的に利用できます。 RAID 5では、同じサイズのドライブが最低3台必要です。ドライブは一度に1台ずつ追加できます。 RAID 5では、トランザクション読み出し速度は高速、トランザクション書き込み速度は中速から高速で、 総合的な転送速度は速いと言えます。

予備のディスクを1台追加して、ディスク故障時に自動的にRAIDを再構築する ホットスペアの機能を持たせることも出来ます。

RAID 5


RAID 10

RAID 10はRAID 0とRAID 1を結合したもので、複数のドライブにパリティなしでデータをミラーリングし、 アレイ全体を第2のドライブセットにストライピングします。 このプロセスによって、高度のパフォーマンスと卓越したデータ保護を実現できますが、利用できるディスク領域は半分になります。 RAID 10には、同サイズのドライブが最低4台必要です。RAID 10は、高コストなRAIDであり、 拡張性にも限界があります。

予備のディスクを1台追加して、ディスク故障時に自動的にRAIDを再構築する ホットスペアの機能を持たせることも出来ます。

RAID 10


RAID 50

RAID 50はRAID 0 とRAID 5の組み合わせです。2つのRAID 5ディスク配列上で最適に実行され、データは双方のディスク配列上でストライプされます。またデータをより小さなブロックに分割し、ブロック上で排他的論理和演算を実行してパリティを計算し、データのブロックおよびパリティを配列の各ドライブに書き込みます。ディスクは6台必要です。
RAID 5の構成を2セットもつことで大規模なアレイを構成した時でも強力にデータを保護します。 さらにRAID 5に比べ、RAID 0によるストライピングによりデータ転送を高速化します。

RAID 50は、故障したディスクがそれぞれ異なるRAID 5配列にある場合、データの整合性を保持しながら、1つから4つまでのドライブ障害に対応することができます。

RAID 50

snWW03